大網白里市の安心・安全・美味しいお米の専門店

会社紹介

綿文商店の設備をご紹介

綿文商店の設備をご紹介

お米の味を最大限に引き出すためには、精米・加工ですべてが決まります。綿文商店では、最高品質のお米をお客様にご提供するため、充実した精米設備と倉庫を保有し、年間を通じて安定した品質・味の管理を行っています。
また最新設備を導入することで、時代とともに変化する主食米の様々なニーズに幅広くお応えしています。

精米設備

  • コンタミ対応精米機

    コンタミ対応精米機

    お米の異品種混入を防ぐ精米機で、安全性、品質を一定に保ちながら精米を行っています。

  • 色彩選別機(サタケ)

    色彩選別機

    白米の異物や着色粒等の混入を未然に防止する設備で、異物除去装置として機能します。

  • オートパッカー

    オートパッカー

    袋詰めの工程で使用する機械で、お米の計量から充填、包装までを全自動で行います。

  • 金属検出機

    金属検出機

    電磁気を利用し、お米の中に混入している鉄、非金属を正確にチェックし異物混入を防ぎます。

  • 白度計と食味計

    白度計と食味計

    玄米や白米の品質や白度、食味を計測する機器です。

  • 穀粒判別機

    穀粒判別機

    お米を高性能センサーで撮像し画像分析することで、お米の性状分析、色彩や形状の識別を行います。

倉庫

  • 第2倉庫

    第2倉庫

    綿文商店では第2倉庫を保有しており、常にお客様へのお米の安定供給を心がけております。

  • 玄米低温倉庫

    玄米低温倉庫

    お米は暑い所に保管すると劣化して味が落ちるため、暖かくなる季節には玄米を低温保管して劣化を防ぎます。

  • 白米低温倉庫

    白米低温倉庫

    低温倉庫内の温度は年間を通じて最適な温度・湿度に管理し、長期間新米の美味しさと鮮度を保っています。

会社概要

社名 株式会社綿文商店
代表取締役 加藤史郎
設立 昭和28年3月28日(創業明治25年)
所在地 〒299-3251 千葉県大網白里市大網112
TEL 0475-72-0043
FAX 0475-72-0062
資本金 1,000万円
業務内容 米穀集荷販売、飼料販売、食料品販売、飲食業
取引先銀行 京葉銀行、千葉興業銀行
取扱商品 米穀(玄米・白米全般)
飼料(配合飼料・単味飼料・乾燥牧草)
取引先 スーパー、医療福祉関係、飲食店、ゴルフ場、仕出店

沿革

1892年(明治25年)
千葉市蘇我町より分店として大網にて創業する
1953年(昭和28年)
株式会社綿文商店設立
1991年(平成3年)
綿文商店 四代目代表取締役に加藤史郎が就任
1999年(平成11年)
玄米倉庫新設
2006年(平成18年)
玄米低温倉庫増設
2007年(平成19年)
精米工場新設
コンタミ対応精米ライン新設
2014年(平成26年)
第2倉庫取得
2015年(平成27年)
太陽光発電設備設置
2018年(平成30年)
玄米低温倉庫増設
2020年(令和2年)
第2倉庫改修

綿文商店へのお問い合わせはこちらから!

綿文商店ネットショップ 本当に美味しいお米を皆さまの食卓に。農家さんが丹精込めて育てた美味しいお米をご堪能ください。ネットショップはこちらをクリック 綿文商店ネットショップ 本当に美味しいお米を皆さまの食卓に。農家さんが丹精込めて育てた美味しいお米をご堪能ください。ネットショップはこちらをクリック

トップに戻る